『もうええわっ!!』シリーズ

義理チョコの経済効果とは??

こんにちは。

園田海です。

 

本日はバレンタインデーですね。

ドキドキ💓ワクワク💓💓している方もいらっしゃると思いますが、結婚するとドキドキ、ワクワクもなくさらっとバレンタインデーが終わってしまう。

 

学生時代は一日中考えていた。

自転車置き場でもしかして、、、

靴箱でもしかして、、、

食堂でもしかして、、、

部活後にもしかして、、、

帰宅中にもしかして、、、

 

【もしかして、、、】の為に、相手が渡しやすいように

バレンタインデーの日は出来るだけ一人でいるようにした。

 

そんな学生の時のバレンタインデー。

あー楽しかったな~。。。

 

あんなに一日中一人でいたのに、、、

義理チョコ。。。。

 

義理チョコなんてクソくらえだーーーーーーっ!!!!!

 

なんて思っていた学生時代。

大人になってわかったことがある。

 

義理チョコは世界を救う。。。

 

意外と知らない日本のバレンタインの歴史

 

1930年代 バレンタインデー誕生

1950年代 バレンタインデー初期

1990年代 バレンタインデーバブル期

 

1930年代からバレンタインデーはあったんですね。

 

義理チョコの経済効果。

義理チョコを侮ってはいけません。

2000年~2010年⇒約500億~550億

それに対して

2017年度はなんと約1400億円?!

そうなんです、最近では友チョコや自分チョコ、家族チョコなどで経済効果が上がっています。

 

それだけではなく、ホワイトデーも合わせれば約3000億円以上あると言われています。

 

義理チョコなんてクソくらえだ―ーーーー!!!!

 

なんていってられませんね。

 

義理チョコよ世界を救え(笑)

 

『もうええわっ!!』

 

 

 

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

関連記事

WordPressテーマ「IZM(TCD034)」

最近の記事

フォトマルシェ - PhotoMarche
  1. お客様

    【髪型お悩み改善】オレンジ色に褪色した髪色を秋冬トレンドカラーにチェンジ
  2. 『もうええわっ!!』シリーズ

    義理チョコの経済効果とは??
  3. ブログ

    オージュア合宿2日目終了
  4. プライベート

    今年の初カットは??
  5. ブログ

    大阪難波の岩盤浴《太平のゆ》〜男だらけの男会編〜
PAGE TOP